不妊の悩み

medical

男性の不妊症に効果があります

不妊症でお悩みのカップルも多いと聞きます。そして、性別に関係なく不妊症は存在するのです。例えば、女性には卵巣や卵管、そして子宮に原因があって妊娠できないケースがあります。 そして、男性の場合には、精子の活力が減退していたり、精子数が減少しているために不妊症になることがあるのです。 初めのうちは、不妊症の原因が男女のどちらにあるのか分かりませんから、不妊治療を受ける場合はカップルで産婦人科を受診するべきなのです。 そして当然のことながら、男性の場合と女性の場合で不妊症の治療法は変わってきます。 治療法とはまた意味が異なるのですが、最近では体外受精技術が進歩しています。そして、体外受精は男性の不妊症に効果があります。

体外受精の流れについて

それでは、体外受精の流れについて解説していきます。まずは、女性側に排卵誘発剤を使って、過排卵処理を行います。そして排卵させ、複数の卵子を回収していくのです。 男性側からは精子を採取します。そして、媒精処理を行い、精子に受精能を獲得させ卵子と結合させるのです。 こうすることで受精卵ができあがります。受精卵は、培養液の中で大切に培養され、胚盤胞と呼ばれる段階まで育てられていきます。 そして、女性の子宮内に胚盤胞を移植することで、妊娠が成立することになるのです。 このような一連の作業を、体外受精と呼び、現在では多くの症例に適用されているのです。体外受精を行っている産婦人科は全国に存在していますから、インターネットで情報収集をしてみましょう。