不妊症の原因

medical

体外受精は他の治療法が無効なときに検討されます。

不妊症の女性側の原因としては、卵巣の機能不全・卵管の異常・子宮内膜症・子宮筋腫や骨盤内の炎症などがあります。また男性側の原因としては、精子数の減少・精子の運動性低下や精管の閉塞などがあります。また男女共通の原因としては精子や卵子の働きを妨げる抗体の産生や遺伝性の病気などがあり、原因が特定できない場合もあります。 これらの異常に対する治療として、女性には性ホルモン剤や同じような働きをするクロミフェンなどによる薬剤治療・子宮筋腫などを摘出する手術治療や精子を注射器などで子宮内へ挿入する人工授精などがあります。これらの方法で効果がみられないとき、高度な不妊症治療法の一つである体外受精が考慮されます。体外受精は、医療技術者の手によって体の外にあるシャーレ内で卵子と精子を接合・受精させる技術です。

治療は複数の手順を経て進められます。

体外受精でまず最初におこなうことは、超音波検査で卵巣の健康状態を調べたり血液検査によりホルモンの量に問題がないかを調べます。異常が無ければ、排卵誘発剤を用いて卵巣の卵子産生を刺激します。そして超音波画像を見ながら膣から針を入れ、卵巣から卵子を含む卵胞を吸引して収集します。 体外受精の次の段階では、卵子と男性から得られた精子をシャーレ内で接合させます。接合だけでは受精の可能性が低いと考えられる場合には、精子を卵子に人工的に移入する細胞質内精子注入法がおこなわれます。受精卵は培養装置の中に置かれ、細胞分裂が進んで胚細胞になっていることを確認します。最後の手順として、正常に成長している胚細胞がカテーテルを通して子宮内に移されます。